イメージ1

ともすると「ストレス」というものは、「なくさなければいけない」「排除しなければいけない」ものと思いがちですが、本当のところは、我々人は多少のストレスを受けるからこそ、活動し続けることができています。

ヘルニアというものは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあって緩衝材みたいな役目を持っている椎間板(ついかんばん)という柔らかい円形の組織がはみ出してしまった症例の事を表しています。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎが皮膚にトラブルを引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の若い人が肌を黒くする日サロを使用することの禁止を強く求めています。

人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類することができますが、中耳付近に様々な黴菌やウィルスなどがくっ付いて発赤等の炎症が発生したり、液体が滞留する症状を中耳炎と言っています。

スギの花粉が飛ぶ頃に、小さな子どもが体温は異常ないのにクシャミやサラサラした水っぱなが止まないような状況なら、もしかすると杉花粉症の恐れがあるかもしれません。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても現れることがあるため難しい心臓病とは限りませんが、例えば発作が続いて発生する場合は危険です。