イメージ1

吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器)からの出血のことであり、吐血というのは十二指腸より上部にある消化管から出血する症状を指します。

3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異を招く害のある物質を体の中で無毒化し、肝臓の役割を促すような役目が明らかになっています。

演奏会やライブなどの開催されるスペースやダンスするための広場などに据えられているすごく大きなスピーカーの正面で爆音を浴びて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性聴器障害」と呼んでいるのです。

ものを食べるという行為は、食べたいと感じた物をなんとなく口に入れて数十回噛んで飲み込んで終わりだが、その後も人体は実によく働いて食物を身体に取り込むように努めているのだ。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬という名称で、かびの一種である白癬菌が陰嚢や股部、臀部などの部分に何らかの理由で感染し、棲みついてしまう感染症であり簡単に言うと水虫のことです。

学校・幼稚園などの大規模な集団生活をしている中で、花粉症の症状が原因で皆と一緒に外で元気に走り回れないのは、患者にとっても寂しいことです。

メタボリックシンドロームとは断言されなくても、臓器に脂肪が多く溜まる類のよくない肥満を抱える事に縁って、複数の生活習慣病を発症しやすくなります。

不整脈の中でも期外収縮は、健康でも発生することがあるのでさほど珍しい心臓の障害ではないといわれていますが、発作が数回に渡って絶え間なく起こるケースは危険です。