イメージ1

下腹部の激痛の元凶となる病には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性性器の疾患などがまずみられるでしょう。
生殖器である前立腺は生育や活動にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが大変深く関わり、前立腺にできてしまったがんも同じく、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの働きを受けて肥大化します。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が誘因で引き起こされる発疹・発赤で、分泌が乱れる誘因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのアンバランス、ナイアシンなどビタミンB群の慢性的な枯渇などが考えられているのです。

現代のオペ室には、便所や専用の器械室、準備室を備え付け、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を準備しておくか、そうでなければ近くにX線用の専門室を併設しておくのが普通だ。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が切れた約4週間後には、市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん)に取って代わるクスリもある位、ジェネリック(後発医薬品)は世界に知られているという現実があります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではない状態で命を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の維持等)のに必要となる基礎的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。

肥満(obesity)の状態というのは無論摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが誘因ですが、一緒の量のごはんだったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」を続けたならば体重過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。