イメージ1

気が付くとゴロンと横向きになったままTVを見つめていたり、机の上で頬杖をついたり、踵の高い靴などを履くといった習慣的なことは体の均衡を悪くする主因になります。

めまいが現れず、強い耳鳴りと低音域の難聴だけを数回繰り返すケースの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」と呼ぶようなこともままあります。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保有しない方にも利用できる医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスに応じて処置することで、心臓の心室細動に対しての治療の効き目を与えます。

子どもの耳管は、大人の耳管と比較すると幅があり短い形であり、しかも水平に近いため、様々な菌が入り込みやすくなっているのです。

乳幼児が急性中耳炎に罹りやすいのは、この事が関係しています。

杉の花粉が飛ぶ頃に、まだ小さなお子さんが体温は平常なのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っぱなが出続ける状態だったなら、もしかすると杉花粉症の恐れがあります。

現在の病院の手術室には、お手洗いや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設け、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を準備するか、そうでなければ近辺にレントゲン撮影のための専門室を用意するのが常識となっている。
ストレスがかかり、蓄積してしまうプロセスや、手軽で有用なストレスケア方法など、ストレス関係の正確な知識を学んでいる方は、まだまだ少ないようです。