イメージ1

バイ菌やウィルスなど病気を生む微生物が口から肺に侵入し伝染してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を見せている様子を「肺炎」というのです。

様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜間しっかり眠れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足になり、次の日起床してからのすべての活動に良くないダメージを与えることもあるのです。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹で、分泌が乱れる原因として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが大きいと考えられているのです。

塩分や脂肪分の摂り過ぎはやめて無理しない程度の運動を心がけ、ストレスの少ないような暮らしを続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を防止するポイントです。

クモ膜下出血(SAH)は9割弱が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできる不要な瘤(コブ)が裂けて脳内出血する事で罹患する病だと多くの人が知っています。

開放骨折により酷く出血した際、急激に血圧が下がって、周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる気絶などの不快な脳貧血が現れるケースもあります。

男性の生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲンが密接に関連しており、前立腺に発生したガンも同様、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の働きによって肥大化します。

高血圧(hypertension)の状態が長く続くと、血管に重い負担がのしかかり、頭頂からつま先に至るまでありとあらゆる血管にトラブルが起こって、合併症になる公算が大きくなると言われています